35con.jpeg

35コーヒーコンセプト​

​35コーヒーの取り組み

 2009年3月5日  35COFFEEの販売開始

【CSR (企業の社会的責任) の取組スタート】風化した骨格サンゴを使用しコーヒーを焙煎そして販売。売上の3.5%を使いベビーサンゴ移植活動を開始。

(移植委託企業 / 沖電開発株式会社)

累計植え付け本数 3,905本(2009年3月~2021年10月)

 2013年10月  就労支援および雇用創出

【CSRからCSV経営へ】当社が位置する八重瀬町内にある複数の障害者施設へのアウトソーシングを開始。また、業務の拡大に伴い雇用創出にも積極的に携わる。

35COFFEE作業委託 1,428,210袋(2013年10月~2021年10月)

 2017年10月  高齢者雇用の積極的活動

【CSV経営+SDGsへ】当社では法改正以前より地域の魅力をより発揮する為、2017年より積極的な高齢者雇用を率先しています。

高齢者採用累計人数:57名(2017年10月~2021年10月)

 2021年10月  エコロジーな紙什器の活用

FSC+SDGs】当社では「紙100%のエコロジーなボード資材(SDGs適合のソリューション認証資材)」で作った陳列紙什器を導入し、積極的な活用を推進。また、環境に配慮した印刷「グリーンプリンティング(GP)認定」の商品パッケージを採用し100%リサイクル可能な(使用後に破棄する際、燃焼しても有毒物質が発生しない)商品展開を目指していきます。

sdg_icon_wheel_rgb.png

SDGsへの取組​

sdg_icon_14_ja.png

​サンゴ再生活動

sdg_icon_08_ja.png

​障害者自立サポート​

sdg_icon_12_ja.png

​高齢者雇用​​

sdg_icon_15_ja_2.png

​エコロジー素材

 SDGsへの取組 

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標に対し、35COFFEEでは売上の3.5%を使い「ベビーサンゴ移植活動 (SDGs-14) 」のほか「 障害者の就労支援活動および雇用の活性化 (SDGs-8) 」「高齢者雇用の積極的活動 (SDGs-12) 」「エコロジーな紙什器の活用 (SDGs-15) 」を企業努力していきます。

■外務省/SDGsホームページ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html