35ハイビPOP03.png
Three Five HIBISCUS
35ハイビスカスティ

​【 商標登録申請中 】

【 作り方・お召し上がり方 
35ハイビスカスティ原液1.8 L
10倍希釈ドリンクの場合

​★着色料不使用

★​保存料不使用

★​カフェインフリー

hibi飲み方説明04.png
hibi飲み方説明004.png

35ハイビスカスティ原液1.8L (希釈後18L) は、原液50mlに水450ml 計500ml のドリンクを36本分作ることができます。

500ml あたり 99円
35ハイビスカスティ
テトラバッグの場合
テトラ1P-02.png
ハイビテトラ中身.png

​★着色料不使用

★​保存料不使用

★​シュガーフリー

★​カフェインフリー

カップまたは、ポットにティーバッグ1包を入れ、お湯を300ml~500ml注ぎ、約90秒おいてお召し上がりください。​

濃さは、テトラバッグを揺らして調整してください。

​※砂糖やはちみつ、レモンなどを入れても美味しくお召し上がり頂けます。

はちみつ.png
カップ500ml あたり 108円
​▼ アレンジもお楽しみ頂けます ▼

​デザートやお料理 (ソース・ドレッシング) 、カクテルなど

​※上記の画像は、お客様からの情報をもとにイメージした画像です。レシピ等についてのお問合せにはお答えできません。

【サンゴ焙煎】

35ハイビスカスティは、風化した骨格サンゴと泡盛蒸留粕を混ぜて固めたサンゴボールを焙煎窯に入れて茶葉を焙煎します。また、沖縄のサンゴは、県の漁業法にて県外への持ち出しが禁止されています。その結果「サンゴ焙煎 35ハイビスカスティ」の茶葉は沖縄でしか作る事ができない「沖縄限定トロピカルティ」です。

※ 焙煎とは、 油や水を使わずに食材を加熱乾燥させることを意味します。コーヒーや茶葉などを炒る加熱作業の1つです。英語ではロースト(roast)。 日本では乾煎り(からいり)とも言います。

【サンゴ再生活動】

今、地球温暖化などの様々な原因から地球の美しさや良さが失われつつあります。そして、この沖縄の海(サンゴ)にも影響がでてきています。弊社は沖縄の環境の為、また未来の子供たちの為に何か出来る事はないか考えました。小さな島企業の私達が出来ること、それは、少しずつ「環境の大切さ」をゆっくりとしっかりとつないでいく事と考え「サンゴ再生活動(35シリーズの売上3.5%を使いベビーサンゴを移植する活動)」が始まりました。

移植スタート
babysango03.jpg
移植12ヶ月後
babysabgo02.jpg
移植6ヶ月後
babysabgo04.jpg
移植18ヶ月後

移植18ヶ月後にはサンゴが立派な群集に育ち小魚の家となりそこには中型魚、大型魚その他生物が共存し海の生態系へとなります。

【 SDGsへの取組 

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標に対し、35シリーズの売上3.5%を使い「ベビーサンゴ移植活動 (SDGs-14) 」を企業努力していきます。

■外務省/SDGsホームページ

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html